家族みんなで引越しをしたエピソード

家族みんなで今春に引っ越しをしてきました

家族みんなで今春に引っ越しをしてきました。その時住んでいた家の建て替えの為に近くの一戸建てに引っ越しをしました。
荷物の移動は友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用はまったくかかりませんでした。ただ一つだけ苦労したことは、私の幼い頃から愛用していたピアノがかなり重量があって重く、運ぶ際に苦労をしたことです。住み替えするのですが、その料金がいくらくらいになるかとても心配なのです。仲間が以前、単身での転出をした時には驚くくらいの支出となっていました。
その話が耳に入っていたので、私は一体いくらくらい必要になるのか心配になっています。

 

 

まずは幾つかの引越し業者に、見積もりを貰い受けようと思います。

 

姉は居住しているアパートから実家である我が家にまた住むことになりました。

 

 

それを手伝うため、私と母が、移動する前の日に引越の準備の手伝いに行きました。10年住んでいた部屋にふさわしく、不用品の数が計り知れない事になっていました。

 

不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台の約半分になり、たいして苦労せず引越をする事ができました。引っ越しを始める前に相場を把握することは、とてつもなく需要です。

 

およそこれくらいの値段だとあらかじめ知っておけば、吹っ掛けられる心配もありません。
ただ、年度末に混む時期に関しては、値段が高騰して大変ですので、早めの見積りをお勧めします。

 

引越の際の大掃除は骨の折れる仕事です。

 

まず、家の中のものを運び出してから、綺麗に掃除するのは当たり前ですが、あらかじめ、少しずつ始めていくのが後々自分が楽になります。ポイントは荷物をまとめるより先に、掃除からスタートすることだと思います。
そうすると、最後には軽くさっと掃除するだけですみます。私は引越しをしたら、絶対にご近所さん、そして、大家さんにあいさつをするように心がけています。この場合、持っていく品は、食べ物に決めています。

 

 

無難なのはタオルかなと思いつつも、残念な気がなんとなくしてしまうからです。

 

手頃な和菓子を購入して、手渡していますが、案外喜ばれています。

 

引越し先でもそのまま続けて変わらず母子手帳を使うことができます。転出時に、手続はいりませんが、妊婦健診で使用する補助券などは自治体でそれぞれ違うので、転入先の役所で聞いてみましょう。

 

産後の時は、転入の時期によって乳幼児健診のきっかけがあわない場合があるので、受けなかったという事がないように気をつけてください。引越しのときは、古いテレビの処分を思い立ち、新製品の大画面テレビを設置しました。新しい家はとてもリビングが広いので、大型で緻密な画像で、テレビを見たいと考えたからです。

 

 

良いテレビにしただけで、リビングの印象が一変し、華やかな雰囲気になって非常に満足です。引越しを行うにあたって、住んでいた家が借家だった場合は原状回復の義務というものが生じてきます。

 

この原状回復義務は、家を借りていた時に傷つけた箇所や壊した室内のものを住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常敷金からその分の費用を引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるというものになります。先ごろ、引越しをしました。引越し専門の会社に頼みましたが、それでもやはり簡単には行きませんでした。大変だったことを挙げると、多種多様な手続きです。
市町村を移動すれば、印鑑証明のために印鑑登録もする必要がありました。

 

ほとんど必要ではないのですが、一応登録しておきました。